上を向いて歩こう!!

明日はきっといい日になる

人生のどん底から這い上がるためには、刃を研ぐための時間を作り出せ!

検証

30代から50代の働き盛りの社会人は、みんな口を揃えて忙して時間がないと言います。

毎日忙しくて自分の時間がないと。

でも本当にそうでしょうか?

1日24時間を丁寧に分解して検証してみましょう。

 

  • 睡眠    6時間
  • 通勤    2時間
  • 仕事    8時間
  • 食事    1.5時間
  • 風呂    0.5時間
  • 団欒    1時間
  • その他 5時間

 

これは驚きですね!

その他の時間がなんと5時間もありました。

テレビを見てボーッと過ごしてもお釣りがきそう。

読書に充てれば新書が一冊読めますね。

資格取得やビジネススキルアップのための勉強に充てれば、かなりの成長を実感できそうです。

 

無意識

検証の結果、1日約5時間もの自由時間があるということが判明したわけですが、その自覚がある人は少ないでしょう。

正直私もここまでとは思いませんでした。

自由時間が5時間もあるのに、忙しくて時間がないとは言えませんよね。

 

ではなぜ時間がないという感覚になるのでしょうか⁉︎

 

それは無意識に過ごしている時間が多いためです。

無意識なので時間を消費しているという感覚がありません。

私も検証してわかったのですが、無意識に過ごす時間は経過するスピードがめちゃくちゃ速いです。

 

時間泥棒

では無意識のうちに時間を奪っていく時間泥棒の正体は何でしょうか?

代表選手をリストアップしました。

 

  • テレビ
  • スマホ
  • パソコン
  • 疲労
  • 悩み事
  • 過去の後悔

 

テレビやスマホは想像しやすいと思いますが、個人的には真の時間泥棒は、疲労、悩み事、過去の後悔の3つだと考えています。

 

疲れを癒すためにソファーの上に寝っ転がって、ボーッとしながら悩み事や過去の後悔で頭がいっぱいになり考え込んでしまう。

そうすると体内からネガティヴエネルギーが放出されて余計に疲れてしまうという悪循環に陥ります。

 

さらに掘り下げて考えてみると、起点となっている行動は疲れてソファーに横たわってしまうとうこと。

 

人間の身体と精神は連動していますので、動きを止めるとどうしてもマイナスの感情が発生しやすくなります。

反対に動いている間は不思議と前向きなプラスの感情が芽生えやすいです。

 

したがって時間泥棒に私達の大切な時間を奪われないためには、常に活動し続けて体力を強化し、疲れない身体を維持し続けることが大切なのです!

 

さあ、今日も一日がんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログは通勤電車で書けば継続できる!

東京に勤めるサラリーマンの通勤時間は平均すると1時間前後です。

往復で2時間。

乗り換えや徒歩の時間を差し引いても1時間以上は通勤電車の中で過ごしていることになります。

1年の約3分の2は休日なので、年間で200〜250時間。

ブログを1記事書くのに1時間前後かかるとしても、年間200記事は通勤時間に執筆することができる計算になります。

 

 というとで早速試してみました。

この記事は通勤電車の中で書いています。

立っていると電車の揺れが多少気になりますが、フリック入力を駆使すれば右手だけでわりとサクサク書けます。

 

ブログ開設以来、毎日記事をアップすることを目標にしていましたが、家に帰ってからパソコンを立ち上げてブログを書くという作業は想像以上にハードルが高く、何かよい方法はないかと模索していました。

通勤電車でブログを書くというのは、かなり強力な武器になりそうです。

 

車内を見渡してみると大半の人はスマホをいじっていますが、画面を覗いてみると8割型ゲームをやっていますね。

 

ブログを執筆している人はほとんど見当たりませんでした。

 

大半の人がゲームで楽しんでいる中で、ブログの執筆をしていれば、それだけで他者との差別化が図れそうな気がしてきます。

 

ブログを書く目的の1つにマネタイズというのは誰しもが考えると思いますが、それだけではなく、ブログには自分の考えていることを整理してアウトプットすることで知識を定着させたり、頭の回転をよくするという効果があると思います。

 

ではなぜ多くの人はメリットが多くあるほうを選択せずにゲームをやるのでしょうか?

 

それは、楽だから。

ゲームをやっている最中は、難しいことを考えなくえもいいし、現実逃避もできる。

家でテレビを見ながらボーッとして過ごしているような状況に近いですね。

会社に行けば仕事が待っているし、それまでは強力省エネでいたいという心情の現れですかね。

 

しかし世の中は良くも悪くもトレードオフで成り立っています。

いま楽をすれば後からそのしわ寄せがくる。

いま少しだけ頑張れば後から少しだけ楽を享受できる。

 

いまの楽か、未来の楽か、みんな無意識のうちに自分で選択しているのです。

 

私の経験上、3年間死ぬ気で頑張れば、それが資産となり自信となり、その後10年間は効力が持続します。

 

少し論点がズレてしまいましたが、日常生活のスキマ時間を上手に丁寧に活用すれば、ブログ継続という一見高く見えるハードルが人生のステップアップのためのジャンプ台に変わっていくと信じています。

 

保育園児の睡眠時間を増やすコツ3つ。子供の理想的な睡眠時間とは?

子供の睡眠時間って気になりますよね?

いったい何時間がベストなんだろう?

特に初めて子育てをするママやパパは気になるのではないでしょうか。

 

 

子供の成長に必要な睡眠時間

 

ここでは3歳〜6歳の子供という前提で話を進めます。

 

健全な成長に必要な睡眠時間は10〜12時間と言われています。

 

特に重要なのは夜にまとまって睡眠を取ること。小刻みに寝てトータルで10時間というのではダメなんですね。

夜は9〜11時間の睡眠が必要なんです。

 

みなさんのお子さんはどうですか?

夫婦共働きで子供を保育園に通わせている場合、この数字は結構厳しいですよね。

 

ある調査では、日本の乳幼児の睡眠時間は他の先進諸国に比べて約2時間も少ないという結果が出ています。

驚きですよね。

24時間営業のお店が多く夜の街が明るいことや共働き世帯が増えていることがその原因ではないでしょうか。

 

睡眠時間が短いとどのような弊害があるのか⁈

 

  • 記憶力が悪くなる
  • うつ病になりやすくなる
  • 頭の回転が遅くなる

 

などが挙げられます。

 

睡眠と言うと日中の疲れを癒すためのエネルギーチャージというイメージがありますが、実は脳内の情報整理という役割の方が大きいのです。

 

睡眠中は90分ごとにレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返していることは有名な話ですが、子供の場合は60分という短いスパンで行われているそうです。

脳内の情報整理はレム睡眠中に行われます。

 

子供は大人よりも敏感で日々の生活から学び取る量が多いため、より多くの睡眠時間が必要というわけです。

 

保育園児の睡眠時間を増やすコツ

 

子供を保育園に通わせていると、夕飯や入浴の時間が必然的に遅くなってしまうので、どうしても子供の寝る時間が遅くなりがちですよね。

 

保育園児の場合、起床時間を遅くすることは不可能なので、寝る時間、就寝時間を早くするしかありません。

 

我が家で試して効果のあった3つの作戦を公開します。

 

  1. 就寝の1時間前からはパパと遊ばない。
  2. 就寝の1時間前からは家庭内全てのテレビ、パソコン、スマホなどの電子機器を使用禁止にする。
  3. 帰宅後から就寝時間まで1時間ごとに部屋の電気を徐々に暗くしていく。

 

子供の睡眠の妨げとなるのは、何と言っても興奮状態です。

逆を言えば、興奮状態さえ作らなければ子供は早い時間に寝てくれるようになります。

 

3つの作戦の中でも特に効果があったのは1番目のパパと遊ばないでした。

子供にとってパパとの遊びは 大人が想像する以上にエキサイティングな出来事のようです。

 

パパとの遊びは早い時間にシフトするか週末にまとめて行うのがよさそうですね。 

 

 

 

 

 

 

ラミレス監督の来季続投が決定!DeNAラミレス野球の強さの秘訣とは!?

本日、横浜DeNAベイスターズの3位が確定し、2年連続のCS出場が決定しました。

そして、ラミレス監督の来季続投が正式に発表されました。

最後までジャイアンツと3位を争っていましたが、最後は若手の成長が著しく勢いのあるベイスターズに軍配が上がった形となりました。

評論家の中ではジャイアンツ優位を予想する声が多かったのですが、勝利の女神DeNAに微笑みました。

私はこの結果を偶然ではなく必然であったと考えています。

それは何故か!?

ラミレス監督のチーム作りと選手の使い方、育て方が非常に素晴らしいからです。

そこで今日は、ラミレス野球の強さの秘訣を解説します。

 

ラミレス野球の強さの秘訣 その1

スタメンで出場する選手の能力バランス が素晴らしい。

本日のスターティングオーダーを使って各選手の特長をまとめてみます。

 

1.桑原  俊足強打、今年はホームラン13本と一発の怖さもあり、守備範囲広い

2.梶谷  俊足強打、ホームランと盗塁の数がどちらも21、大舞台に強い、強肩

3.ロペス 3割30本100打点達成、筒香と並び打線の中核、守備力の高さにも定評

4.筒香  28本96打点、得点圏打率324、チームの顔、目立たないが補殺6の強肩

5.宮崎  打率322、初の首位打者が当確、持ち前のパンチ力も魅力

6.戸柱  意外性のある打撃、リードとキャッチングに定評あり、盗塁阻止率360

7.柴田  小兵で小技が得意、バント、エンドランと何でもできる、若手成長株

8.投手  ラミレス野球の真骨頂、打線のつながりを最優先した配置

9.倉元  広角打法と堅実な守備が魅力、長打力はないが得点圏打率342は脅威的

 

ご覧のとおり走・攻・守のバランスが素晴らしいのです。

感覚的には大・中・小のバランスがよいという感じでしょうか。

そして20代の若い選手が非常に多いというところも魅力ですね。

 

ラミレス野球の強さの秘訣 その2

外国人選手の活躍ぶり が素晴らしい。

これは自身が助っ人外国人という立場にいたラミレス監督ならではの特長ではないでしょうか。

助っ人外国人という立場にいる選手の気持ちが痛いほどよくわかるので、その起用方法がとてもうまく、外国人選手が働きやすい環境にあるものと思われます。

論より証拠ということで主な外国人選手の成績を見てみましょう。

 

ロペス    打率303、本塁打30、打点105

パットン   62試合登板、27ホールド、防御率2.70

ウィーランド 10勝2敗、防御率2.98

 

これは素晴らしいですね。日本ハムより途中加入のエスコバーも来年は今年以上の活躍が期待できます。

 

ラミレス野球の強さの秘訣 その3

若手選手の育成能力(特に左投手の育成能力) が素晴らしい。

今年のDeNA躍進の原動力となったのは間違いなく若手左投手の3人。

今永、濱口、石田でしょう。

以前は深刻な左投手不足が叫ばれていたDeNAですが、今や状況は一変。

近い将来、左投手王国とよばれる日の到来を予感させるような勢いです。

 

現役時代左投手に強かったラミレス監督が、打者の視点からアドバイスを送ることによって、若手左投手陣の成長は目覚ましいものとなっているのでしょう。

 

「若手選手に光るものを見つけたら、どこまでも信じて使い続ける!」

このブレない姿勢を続けられるのは、ラミレス監督が選手の能力を見極める確かな目を持っているということに他ならないでしょう。

そしてその眼力が衰えない限り、DeNAの成長は続いていきます。

プロ野球ファンの一員として、今後のDeNAからは目が離せません!

巨人・坂本勇人選手のスランプの原因は!?

巨人の坂本勇人選手がなかなかスランプから脱出できずに苦しんでいます。

8月には3割3分台だった打率もいつの間にか3割を割り込み、首位打者はおろか3割キープも難しい状況になってきました。

毎日プロ野球中継を見ながら復活はまだかとヤキモキしているファンも多いのではないでしょうか。

 

そこで今日は、6歳から34年間の長きにわたりプロ野球中継を見続けてきた筆者が、独自の視点で考えたスランプの原因と脱出方法を記載します。

 

 

巨人・坂本選手のスランプの原因

巷では「WBC参加による肉体的疲労」や「新セカンドマギーとの守備連携で神経をすり減らしている」「持病の腰痛が悪化している」などが原因ではないかと言われているようです。

いずれもスランプの原因が「肉体的」もしくは「精神的」なものであると結論付けられています。

しかし筆者の見解は違います。

スランプの原因は技術的な問題だと思います。

8月まで首位打者の座をキープしていた坂本選手は、更なる高みを求めて打撃フォーム変えようとしていました。

これはテレビ観戦をしていて素人が気付くレベルですので、本人にとってはかなり大幅にフォームを変えたという意識が強いはずです。

それが吉と出ればよかったのですが、完全に凶と出てしましました。

具体的に言うと、テークバックが大きくなったことによりバットが外回りして出てくるようになった。

ゴルフのスイングに例えると、インサイドアウトからアウトサイドインの軌道に変わったということです。

以前のようにホームランを量産したい、そして右方向へのホームランも打ちたい、その意識がより大きなテークバックをとるという打撃フォームには表れています。

昔の選手に例えるならば、若い頃の清原選手のスイング軌道に近づいていると思います。

メリットは右方向へ強い打球が打てる、デメリットはインコースに弱くなるといったところでしょうか。

 

巨人・坂本選手の打撃スタイルの変化

坂本選手といえば…以前は勝負強い打撃と天才的なインコース打ち、そしてレフト方向へのホームランが魅力のバッターでした。

右方向への打球は少なく、典型的なプルヒッターという印象が強かったはずです。

しかし、昨年の打撃フォーム改革により、左右どちらにでもヒットを打てるアベレージヒッターになったという印象が強くなりました。

ライト方向へのヒットは増えましたが、逆にレフト方向への豪快はホームランは減ってしまったように思えます。

おそらく本人にもその意識があり、理想としては落合選手のように右にも左にもホームランが打てる広角打法を目指して打撃フォーム改革に踏み切ったと思われます。

 

巨人・坂本選手のスランプ脱出方法

ズバリ、右打ちの意識を封印して引っ張りを強く意識することで打開策が見えてくると考えています。

 

巨人・坂本選手のスランプ脱出はいつか!?

 こればっかりは誰にもわかりませんが、現在のスランプはより高いレベルの選手になるための登竜門のようなものだと思います。

走・攻・守すべてにおいてハイレベルな野球センスを持ち合わせている坂本選手なので、巨人がCSに進出できればその頃には一皮むけた坂本選手が見られると期待しております。

プロ野球ファンとしては、以前のようにホームランをたくさん打つ坂本選手を見てみたいと思う今日この頃です。

 

赤ちゃんが初めて熱性けいれんになった時の対処法

みなんさん、「熱性けいれん」という症状をご存知ですか? 

子育て経験が豊富な方なら知っていると思いますが、新米ママ・パパの場合は、何となく聞いたことがある、病院でパンフレットを見たことがある、程度だと思います。

私もその一人でした。

「熱性けんれいん」という言葉を知ったのは、なんと子供が熱性けいれんになってしまった当日でした…。

熱性けいれんに関して何も知らなかった私は、我が子のけいれんする姿を見た時にただただ焦るばかりで、間違った行動ばかりをとってしまいました。

その時の経験と反省を踏まえて、赤ちゃんが初めて熱性けいれんになった時の対処法をまとめました。

 

熱性けいれんとは

熱性けいれんとは、高熱を出した時に未発達な脳がそれを制御できないため、次のような症状を引き起こします。

  • 全身の震え、けいれん
  • 意識を失う
  • 身体の一部が硬直する(我が子の場合は両目が左端によって動かなくなりました)

 

実録!熱性けいれん

その日は日曜日でした。

当時1歳半だった娘が金曜日から40度の高熱を出し、2日たってもなかなか下がらないので、休日診療を受け付けている病院へ連れて行きました。

その病院では熱さましを処方されただけでしたが、受付のところに「熱性けいれん」と書いてあるパンフレットがあり、その言葉が妙に心に引っかかった感覚を今でも鮮明に覚えています。

先生の診察を受けるまで10分くらい待ち時間があったのですが、その間私は子供を抱っこして座っていました。その際、若干ですが子供の体がピクッピクッと動いているような感じもしたのですが、そのままやりすごしてしまい、受診時にもそのことを先生に伝えませんでした。もし伝えていたら熱性けいれんを未然に防ぐことができたかもしれないという後悔はありますが、なにせ熱性けいれんそのものを知らない新米パパなので、致し方なしですかね。

 

病院から帰宅して1~2時間経った時のことです。突然リビングの方から妻が叫んでいる声が聞こえてきました。

「○○ちゃん!だいじょうぶ!?ママの声聞こえる!?」

ただ事ではないと察知した私は急いでリビングへ行ってみると、そこには体を震わせながら意識を失い両方の黒目がが左端へ寄って動かなくなってしまった娘がいました。

「え!?これはマズいんじゃない?ただの病気じゃない…大変だ…」

私と妻は二人とも気が動転してどうしたらよいかわかりませんでした。

 

そしてまず最初にとった行動が…「2時間前に行った休日診療の病院に電話する」でした。そして病院からの回答は「うちでは適切な処置ができるかわからないので救急病院を受診してください」というもの。

そこでようやく救急車を呼ぶことを決意します。119番に電話すればすぐに救急車が来てくれると思っていましたが、結局到着したのが10~15分後でした。

玄関に出て待っているようにと指示を受けたので、震えが止まらない子供を抱っこしながらひたすら待ち続けました。しかし待てど暮らせど救急車が来ない…。体感時間としては30分くらいだったと思います。

 

救急車を待っている間、私は「少しでも熱を下げなければと子供に冷たい水を飲ませました。」ストローを口にくわえさせると意識を失っている子供が条件反射?でグビグビッと水を飲んでくれました。

しかし、その直後子供はさらにガクガクブルブルと震え始めました。体温調整機能も低下していたのか、冷たい水を大量に摂取して一気に体温が下がってしまったようでした。

さらに焦った私たちは「とにかく意識が戻るようにと必死に呼びかけを続けました。」これは救急車の車内でも続けました。呼びかけに反応しない我が子を見て正直「このまま死んでしまうかも…」と真剣に思いました。

 

 救急車に乗って5分くらい経過したくらいで、ようやく震えが止まり意識が少しだけ回復してきました。その後救急病院でけいれん予防座薬の「ダイアップ」を投与され2時間くらい休憩してから自宅に戻りました。

病院からは座薬と一緒に「けいれんを起こした時の行動マニュアル」のようなものをいただきました。そしてそのマニュアルを見て私は愕然としたのです…。マニュアルと逆のことばかりしていた…ヤバイ…。

 

私がとった間違った行動3つ

  1. すぐに救急車をよばず通常の病院に電話してしまった。
  2. けいれん中の子供に冷たい水を飲ませてしまった。
  3. けいれん中の子供に大きな声で呼びかけたしまった。

 

実は1に関しては、奇跡的に病院からいただいたマニュルに沿った行動でしたが、私個人的にはすぐに救急車を呼ぶべきだったと反省したため、間違った行動として記載しました。

 

マニュアルには救急車を呼ぶ際の基準が下記のように記載されております。

  • けいれんが止まっても意識がはっきりしない
  • くちびるの色が紫色で呼吸が弱い
  • けいれんが10分以上続く

 

しかしながら、初めて我が子のけいれんを目の当たりにすると冷静でいられる親はほとんどいないのではないでしょうか。特に3つ目の「けいれんが10分以上続く」ですが、けいれんが起きてからの経過時間を冷静に計っていられる人は皆無に等しいでしょう。

 

結論

赤ちゃん(子供)が初めて熱性けいれんになってしまったら、すぐに救急車を呼びましょう!

そして救急車が到着するまでは、水や食べ物を与えず静かに待ちましょう。

意識が回復するまでは本人への呼びかけは一切行わず静かに見守りましょう。

 

 

人生のどん底でもがき苦しむあなたへ。人生を好転させるヒントは体力強化にあり!

 

負のスパイラルはなかなか止められない

 

もうダメだ・・・。

何でこんなことになってしまったんだろう・・・。

神様、今この瞬間が人生の底でありますように・・・。

 

一旦人生が負のスパイラルに陥ると、なかなかそこから脱却し流れを反転させることが難しくなってしまいます。

 

私もその経験者であり現在進行形であるがゆえに、その辛さ、苦しさ、どうしたらよいのかわからないもどかしさ、焦燥感はよく理解できます。

 

何とか少しでも人生が好転するようにと自己啓発本を片っ端から読みあさったり、スマホで「人生 好転 コツ 秘訣」などをキーワードに検索しまくり、ネット上からヒントを探したりと自分なりにもがいてみるものの、結局自分を取り巻く環境に大きな変化は起こりませんでした。

 

自分を取り巻く環境はすぐには変わらない

 

それもそのはず、人生がどん底にあると感じている人が求めているのは、徐々に環境が好転することではなく、急激な変化に期待してしまっているからです。

人は長らく辛い環境に置かれると、そこから早く抜け出したい!一刻でも早くラクになりたい!という気持ちが人一倍増幅してしまうのです。そのため、普通のヒットでは満足できずどうしてもホームランを期待してしまう。そしてなかなかホームランが打てない自分に対してまた自己嫌悪を抱いてしまうという悪循環に陥っていくのです。

 

ではどうしたらいいの?? 

 

どん底から抜け出すための基本姿勢はコレだ!

  

それは、「毎日1本。どんな形でもいいので自分なりのヒットを打つこと」です。

そしてそれを地道に積み重ねていく。これに尽きると思います。

少し抽象的でわかりにくいですかね。

 

私の場合、FX取引の失敗で貯金をほぼ使い果たしてしまい、将来住宅ローンが払えなくなるのではないか?子供の学費が払えなくなるのではないか?という不安と戦う日々を過ごしております。

解決方法としては、本業だけでは厳しいのでクラウドソーシングやブログ運営で少しずつでも貯金を増やし不安を小さくしていく。これしかないわけです。

 

心⇒技⇒体 ではなく 体⇒心⇒技

 

 

そしてようやく本題へと移りますが(前置きが長いですよね?^^;)、毎日コツコツとヒットを打ち続けるために何よりも重要なのは、「体力強化」なのです。

いくらわかりやすい文章を書く技術があっても、毎日コツコツと継続することができる精神力があっても、その前提となる体力がなければ本来の力を存分に発揮することはできません。

 

「運動」という字を分解してみると、「運が転がる」と読めますよね。これは聞いたことがある方も多いのではないかと思います。

運命を変えたい!人生を変えたい!と思ったときに最も効果があるのは、ズバリ「体を動かすこと」なのです。

運動の方法は何でもよく、その人に合った方法で構いません。ウォーキングでもランニングでも水泳でも自転車でも。

とにかく体を動かし汗をかき、脳へ良質な血液を送り込み、前向きなマインドを維持し続けられるように働きかけることが人生どん底状態から這い上がるキッカケとなるのです。

 

私も今日から朝のウォーキングと帰宅後のスクワットを始めます。その効果の程はまたこのブログを通じて報告したいと思います。