上を向いて歩こう!!

明日はきっといい日になる

赤ちゃんが初めて熱性けいれんになった時の対処法

みなんさん、「熱性けいれん」という症状をご存知ですか? 

子育て経験が豊富な方なら知っていると思いますが、新米ママ・パパの場合は、何となく聞いたことがある、病院でパンフレットを見たことがある、程度だと思います。

私もその一人でした。

「熱性けんれいん」という言葉を知ったのは、なんと子供が熱性けいれんになってしまった当日でした…。

熱性けいれんに関して何も知らなかった私は、我が子のけいれんする姿を見た時にただただ焦るばかりで、間違った行動ばかりをとってしまいました。

その時の経験と反省を踏まえて、赤ちゃんが初めて熱性けいれんになった時の対処法をまとめました。

 

熱性けいれんとは

熱性けいれんとは、高熱を出した時に未発達な脳がそれを制御できないため、次のような症状を引き起こします。

  • 全身の震え、けいれん
  • 意識を失う
  • 身体の一部が硬直する(我が子の場合は両目が左端によって動かなくなりました)

 

実録!熱性けいれん

その日は日曜日でした。

当時1歳半だった娘が金曜日から40度の高熱を出し、2日たってもなかなか下がらないので、休日診療を受け付けている病院へ連れて行きました。

その病院では熱さましを処方されただけでしたが、受付のところに「熱性けいれん」と書いてあるパンフレットがあり、その言葉が妙に心に引っかかった感覚を今でも鮮明に覚えています。

先生の診察を受けるまで10分くらい待ち時間があったのですが、その間私は子供を抱っこして座っていました。その際、若干ですが子供の体がピクッピクッと動いているような感じもしたのですが、そのままやりすごしてしまい、受診時にもそのことを先生に伝えませんでした。もし伝えていたら熱性けいれんを未然に防ぐことができたかもしれないという後悔はありますが、なにせ熱性けいれんそのものを知らない新米パパなので、致し方なしですかね。

 

病院から帰宅して1~2時間経った時のことです。突然リビングの方から妻が叫んでいる声が聞こえてきました。

「○○ちゃん!だいじょうぶ!?ママの声聞こえる!?」

ただ事ではないと察知した私は急いでリビングへ行ってみると、そこには体を震わせながら意識を失い両方の黒目がが左端へ寄って動かなくなってしまった娘がいました。

「え!?これはマズいんじゃない?ただの病気じゃない…大変だ…」

私と妻は二人とも気が動転してどうしたらよいかわかりませんでした。

 

そしてまず最初にとった行動が…「2時間前に行った休日診療の病院に電話する」でした。そして病院からの回答は「うちでは適切な処置ができるかわからないので救急病院を受診してください」というもの。

そこでようやく救急車を呼ぶことを決意します。119番に電話すればすぐに救急車が来てくれると思っていましたが、結局到着したのが10~15分後でした。

玄関に出て待っているようにと指示を受けたので、震えが止まらない子供を抱っこしながらひたすら待ち続けました。しかし待てど暮らせど救急車が来ない…。体感時間としては30分くらいだったと思います。

 

救急車を待っている間、私は「少しでも熱を下げなければと子供に冷たい水を飲ませました。」ストローを口にくわえさせると意識を失っている子供が条件反射?でグビグビッと水を飲んでくれました。

しかし、その直後子供はさらにガクガクブルブルと震え始めました。体温調整機能も低下していたのか、冷たい水を大量に摂取して一気に体温が下がってしまったようでした。

さらに焦った私たちは「とにかく意識が戻るようにと必死に呼びかけを続けました。」これは救急車の車内でも続けました。呼びかけに反応しない我が子を見て正直「このまま死んでしまうかも…」と真剣に思いました。

 

 救急車に乗って5分くらい経過したくらいで、ようやく震えが止まり意識が少しだけ回復してきました。その後救急病院でけいれん予防座薬の「ダイアップ」を投与され2時間くらい休憩してから自宅に戻りました。

病院からは座薬と一緒に「けいれんを起こした時の行動マニュアル」のようなものをいただきました。そしてそのマニュアルを見て私は愕然としたのです…。マニュアルと逆のことばかりしていた…ヤバイ…。

 

私がとった間違った行動3つ

  1. すぐに救急車をよばず通常の病院に電話してしまった。
  2. けいれん中の子供に冷たい水を飲ませてしまった。
  3. けいれん中の子供に大きな声で呼びかけたしまった。

 

実は1に関しては、奇跡的に病院からいただいたマニュルに沿った行動でしたが、私個人的にはすぐに救急車を呼ぶべきだったと反省したため、間違った行動として記載しました。

 

マニュアルには救急車を呼ぶ際の基準が下記のように記載されております。

  • けいれんが止まっても意識がはっきりしない
  • くちびるの色が紫色で呼吸が弱い
  • けいれんが10分以上続く

 

しかしながら、初めて我が子のけいれんを目の当たりにすると冷静でいられる親はほとんどいないのではないでしょうか。特に3つ目の「けいれんが10分以上続く」ですが、けいれんが起きてからの経過時間を冷静に計っていられる人は皆無に等しいでしょう。

 

結論

赤ちゃん(子供)が初めて熱性けいれんになってしまったら、すぐに救急車を呼びましょう!

そして救急車が到着するまでは、水や食べ物を与えず静かに待ちましょう。

意識が回復するまでは本人への呼びかけは一切行わず静かに見守りましょう。

 

 

人生のどん底でもがき苦しむあなたへ。人生を好転させるヒントは体力強化にあり!

 

負のスパイラルはなかなか止められない

 

もうダメだ・・・。

何でこんなことになってしまったんだろう・・・。

神様、今この瞬間が人生の底でありますように・・・。

 

一旦人生が負のスパイラルに陥ると、なかなかそこから脱却し流れを反転させることが難しくなってしまいます。

 

私もその経験者であり現在進行形であるがゆえに、その辛さ、苦しさ、どうしたらよいのかわからないもどかしさ、焦燥感はよく理解できます。

 

何とか少しでも人生が好転するようにと自己啓発本を片っ端から読みあさったり、スマホで「人生 好転 コツ 秘訣」などをキーワードに検索しまくり、ネット上からヒントを探したりと自分なりにもがいてみるものの、結局自分を取り巻く環境に大きな変化は起こりませんでした。

 

自分を取り巻く環境はすぐには変わらない

 

それもそのはず、人生がどん底にあると感じている人が求めているのは、徐々に環境が好転することではなく、急激な変化に期待してしまっているからです。

人は長らく辛い環境に置かれると、そこから早く抜け出したい!一刻でも早くラクになりたい!という気持ちが人一倍増幅してしまうのです。そのため、普通のヒットでは満足できずどうしてもホームランを期待してしまう。そしてなかなかホームランが打てない自分に対してまた自己嫌悪を抱いてしまうという悪循環に陥っていくのです。

 

ではどうしたらいいの?? 

 

どん底から抜け出すための基本姿勢はコレだ!

  

それは、「毎日1本。どんな形でもいいので自分なりのヒットを打つこと」です。

そしてそれを地道に積み重ねていく。これに尽きると思います。

少し抽象的でわかりにくいですかね。

 

私の場合、FX取引の失敗で貯金をほぼ使い果たしてしまい、将来住宅ローンが払えなくなるのではないか?子供の学費が払えなくなるのではないか?という不安と戦う日々を過ごしております。

解決方法としては、本業だけでは厳しいのでクラウドソーシングやブログ運営で少しずつでも貯金を増やし不安を小さくしていく。これしかないわけです。

 

心⇒技⇒体 ではなく 体⇒心⇒技

 

 

そしてようやく本題へと移りますが(前置きが長いですよね?^^;)、毎日コツコツとヒットを打ち続けるために何よりも重要なのは、「体力強化」なのです。

いくらわかりやすい文章を書く技術があっても、毎日コツコツと継続することができる精神力があっても、その前提となる体力がなければ本来の力を存分に発揮することはできません。

 

「運動」という字を分解してみると、「運が転がる」と読めますよね。これは聞いたことがある方も多いのではないかと思います。

運命を変えたい!人生を変えたい!と思ったときに最も効果があるのは、ズバリ「体を動かすこと」なのです。

運動の方法は何でもよく、その人に合った方法で構いません。ウォーキングでもランニングでも水泳でも自転車でも。

とにかく体を動かし汗をかき、脳へ良質な血液を送り込み、前向きなマインドを維持し続けられるように働きかけることが人生どん底状態から這い上がるキッカケとなるのです。

 

私も今日から朝のウォーキングと帰宅後のスクワットを始めます。その効果の程はまたこのブログを通じて報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

はじめまして

みなさま、はじめまして。

当ブログの運営者であります「川越ナイン」と申します。

 

私は一般企業で働くごく普通の30代サラリーマンです。数年前まで平凡な人生を歩んできましたが、FX取引を通じて一時は天国を味わったものの、その後地獄に叩き落され、人生のどん底状態に転落してしまいました。(詳細は後々このブログを通じて語っていこうと考えています。)

 

人生には「上り坂」「下り坂」「まさか」の3つの坂があると言いますが、私は「まさか」に対する準備と警戒を怠ってしまったため、天の神様から厳しいお仕置きを受けることとなってしまいました。

 

何とかこの危機を乗り越えなければ!

ここで簡単に人生をあきらめるわけにはいかない!

そのような気持ちから一念発起してこのブログを開設する決断をいたしました。

 

コンセプトとしては・・・

 

どん底に落ちた人間がその後の生涯を通じてどこまで這い上がることができるのかの検証記録

②人生が好転するための自己啓発や生きるヒント、生活の知恵などの記録

③大切なお金の話

④運営者の徒然日記(雑記)

この4本でいこうと考えています。

※なんだかんだ④の割合が多くなるかもしれません^^;

 

第一の目的は自分自身の再生なのですが、もし私と同じような境遇にいる方がいたら、当ブログの記事が少しでもその方のお役に立てればとも考えております。

 

よろしくお願いいたします!